相続税対策・節税・申告|さいたまで税務顧問、相続対策、確定申告なら公認会計士酒井健一事務所

0488131023

電話受付 9:30~17:30 ※土日・祝日休み

ご相談・お問い合わせ

相続税対策・節税・申告

相続税早めの対策で特例を利用しましょう。

相続税早めの対策で特例を利用しましょう。

相続税の仕組み

死亡した人の財産を相続した場合、遺言によって財産を取得した場合、相続税が課税されます。

相続税が課税されるのは?

遺産総額−葬儀費用などの債務−基礎控除>0
基礎控除=3,000万円+600万円×法定相続人の数
(法定相続人3人ならば、基礎控除は4,800万円です)。

遺産総額が基礎控除を超えると相続税の課税があるなしにかかわらず申告が必要です。

※遺産総額の評価は財産基本通達に基づいて行います。評価については専門家に相談することが必要です。
特例を利用することで、基礎控除を超えても相続税の課税はないケースもあります。

相続財産とは

相続財産

現金預金、株式など金融資産、不動産(土地建)など

相続財産とみなされるもの

被相続人の退職金、生命保険
※退職金と生命保険はそれぞれ500万円×法定相続人の数までは非課税です。

相続財産から控除する債務

葬儀費用、未払の税金、借入金など被相続人の債務

特例

居住用不動産は相続人が引続き居住用資産として居住することで土地の評価額が80%減額できます。
事業用土地で被相続人が事業に供しており、相続人が引続き事業を承継する場合は評価額が50%減額できます。
配偶者は法定相続分以下または1億6千万円までは相続税はかかりません。
 

特例を適用するためには様々な要件があります。特例が適用できるかどうかは専門家にご相談ください。
このほかにも相続税の特例があります。専門家にご相談ください。

特例などを適用する要件を満たすことは被相続人の生前に対応しておくことが肝要です。
相続税がかかるかな?と思ったら早めに専門家にご相談ください。

基礎控除を超えたら専門家に相談しましょう

基礎控除を超えたら専門家に相談しましょう

基礎控除を超えたら、専門家に相談して、有利な対応を目指すことが肝要です。
弊所は初回相談無料でご対応しております。

pagetop

pagetop